国内パッケージツアー対策

  多様化してきている国内パッケージツアー(パックツアー)をジャンル分けした場合は、以下のようになります。

  • チケット+ホテル
       航空券やJR等の移動手段とホテルのみのフリープランのツアー。または、レンタカー付き。(厳密には、主催旅行(ツアー)では無いですが、ホテルも利用する必要があるため、このサイトでは、ツアーの部類に分けます。)
  • 定期バス観光
       昔からあるオーソドックスなツアー。
  • 添乗員同行ツアー
       専属添乗員や、バスガイドが同行して、観光地巡りをする、何ヶ所かの周遊ツアーが多い。
  • 趣味追求ツアー
       特定の趣味やテーマを好む人の集客して、添乗員等も同行するツアー。さきがけとして、近畿日本ツーリストの「クラブツーリズム」が有名です。クラブツーリズムの特徴として、ただ旅行するのではなく、特定の趣味や好みを通じて別のツアー参加者と仲間になることをテーマにしているようです。
  • ダイナミックパッケージ
       ダイナミックパッケージは、2002年頃欧米のオンライン予約サイトで注目され、日本では、2005年頃に市販されるようになった新しい形態の旅行商品。最大の特徴は、航空券、ホテル等の組み合わせが自由で、その他にも飛行機以外の交通手段、オプショナルを自由に追加することが可能で、2カ国周遊など一般に無い旅程を組むのに適しています。

  このサイトでは、賢くする旅行を支援していますので、1番のチケット+ホテルのツアーについて言及します。他に関しては、料金対策等が難しく、数も多くは無いので、比較が難しいためで、料金以外のメリット、質の高さが求められるものだからです。

●チケット+ホテルのフリープラン選びの対策

 国内航空券選びと重なる部分が多いですが、筆者としては、こちらのツアータイプをお勧めします。時期にはよりますが、国内航空券に比べて、ツアータイプの方がトータルの割引率が高く、インターネットでの検索、予約に適していると考えるからです。

 以下の点について検討してツアーを選びましょう。

・値段の比較。
  極端な話、一日毎に、安い旅行会社が異なることもありますですので、気長に探しましょう。また国内航空券の場合は、各社空き状況が異なるので、二つ以上目星をつけておくと良いでしょう。

・延泊、一人部屋追加料金の比較。
  上記の料金比較の際に必ず比較するべき額がこの付属になる延泊や一人部屋追加料金の額です。

・フライトの時間の比較。
  国内は、フライトに関しては豊富で選択肢が多いですので、迷うところですが、安さ重視のツアーの場合、フライト時間は必ず確認する必要があるでしょう。

・キャンセル料の比較。
  キャンセル、変更料は、旅行会社ごとに異なるので、その額と発生時期を確認しましょう。

・マイレージについて。
  通常ツアーで加算されるかどうかの検討に加えて、旅行会社によっては、ボーナスマイルが貯まる場合があります。特に航空会社系列旅行会社は、マイレージについて考えた場合は、利用を検討する必要があるでしょう。

航空会社系列旅行会社
 ・ANA Sky Web Tour ANA系列
 ・JALツアーズ JAL系列

 
関連ページ