利用航空会社未定の航空券を見抜く

未定航空会社について、格安航空券の疑問のページで述べましたが、Bのケースの場合、つまり表記することが出来ないで販売されている場合の 未定航空会社についての予測方法について言及します。

料金比較サイトなどを見れば、その最安値の次に安い航空会社を表記して販売されている航空券が、それになる可能性が高いですが、もし全部が未定航空会 社であった場合は、そう単純には分かりません。

ですので、見抜くには、
1.料金変動のパターン
2.オンデイ(週末や特定日追加料金)の設定額
3.追加都市等の設定
4.チケットの期間
5.その旅行会社得意航空会社
以上から予測立てることが出来ます。

1番の料金変動のパターンについては、これは航空会社によって特色があり、例えば、月~木、金、土、日で料金が異な る場合や月~金、土、日で料金が異なるといった小さな違いを、航空会社指定航空券と比較すれば良いのです。

2番のオンデイ、追加料金についてですが、これも各航空会社特色があり、その額を指定航空券と比較すれば良いのです。

3番の追加都市等の設定については、例えば、ソウル行き格安航空券で、プサン行き追加は、5000円などとなれば、アメリカ系航空会社には設定が無い ので、韓国系だと予測することが出来ます。また、アメリカ、ヨーロッパ方面であれば、その都市に就航しているかどうかによって予測することが出来ます。

4番のチケットの期間についてですが、これはあまり参考にならないことが多いですが、8日間、10日間等あれば、10日間の設定が無い航空会社があれ ば、それを除外して考えることが出来ます。

5番の旅行会社の得意かどうかに関しては、その旅行会社について良く知っていることが前提となりますが、ある程度の参考になります。

また勘違いしてしまうことがあるのが、一つの航空券で利用されるだろう航空会社は、一つではないこともありますの で、ご注意下さい。月~木曜日は、A航空会社、週末はB航空会社、1/1は、C航空会社といった具合です。未定航空会社ですので、2つ以上の航空会社を利 用した料金帯といったことも可能です。

但し、これはあくまで予測ですので100%これだと決め付け無いようお願いいたし ます。あくまで著者の経験を元に考えたものですので、これによる損害、 不利益などに関しては、一切の責任を負いかねますことをあらかじめご了承下さい。

 
関連ページ