海外旅行ツアー・オプショナルツアーQ&A

Q : ツアーとは?
A : ツアーとは、旅行業法で、募集型企画旅行と呼ばれるものに当たり、パッケージツアーと呼ばれます。(2005 年までは、主催旅行と呼ばれていました。)
募集型企画旅行とは、ホテル、航空券、ホテル⇔空港間の送迎等を含む旅行のことです。簡単に定義すると、旅行計画を旅行会社が立て、それに沿った旅行の参加者を募集する旅行のことで、この募集型企画旅行を、企画・実施が可能な旅行会社の制限があり、第1種旅行業の旅行会社(登録番号が、国土交通大臣登録旅行業○○号となっています。)のみが可能です。※但し受託販売は、第2、3種旅行会社も可能です。

Q : 最少催行人員とは?
A : ツアーを出発するのに必要な参加者の人数のことです。この人数は、必ずパンフレットやウェブサイトに載っており、参加者がこの人数に満たない場合は、ツアーが実施されない場合があります。
目安の最少催行人員としては、添乗員の付かないツアーの場合は、2名程度、添乗員が同行するツアーの場合は、6~15名程度となっています。また催行するかどうかは、出発の3~4週間程度前となります。

Q : 送迎などツアーの一部を利用しない場合は?
A : ツアーとは?の回答にありますように、ツアーは旅行会社があらかじめ作成した旅程に沿って行うことを最低条件としていますので、原則は出来ないこととなっています。
現在ほとんどのツアーで、送迎や観光、ショッピングなどを放棄できない又は、観光、ショッピング放棄の場合は、追加料金が発生する旨が旅行条件に記載があります。送迎放棄は難しくなっています。
また、ホテル放棄は可能な場合はありますが、それによる返金はもちろんありません。
但し、何らかの特別な都合で、 旅程の一部を利用しない場合は事前に旅行会社に相談されることをお勧めします。現地に行ってから強引な放棄は、止めましょう。

Q : 旅行代金に含まれないものとは?
A : ツアーの料金に含まれないものとして、
・自宅から空港、空港から自宅の移動費・・・基本的に含まれず、集合場所までの移動費は個人の負担となります。
・海外旅行傷害保険・・・傷害保険は含まれていません。
・空港税、諸税、燃油サーチャージ、航空保険料・・・旅行代金とは別途請求になります。
・手荷物超過料金・・・航空機の受託手荷物が規定よりオーバーした場合は自己負担となります。
・旅行条件に含まれない食事・交通費など・・・食事の記載は旅行条件書に記載があります。
・ホテルなどのサービス利用料とチップ
必ずパンフレットや旅行条件書に記載がありますので、ご覧下さい。

Q : 支払いについて
A : ツアーの場合は、一般的に旅行代金の一部を申込金として申込時に支払います。
これは、旅行契約と呼ばれる旅行会社と旅行者のその旅行に対する申込が確定した(予約ではなくあくまで申込)ということの証明となり、旅行業法で、この申込金があってから旅行者との契約となります。旅行者にとっては不便ですが、逆に言うと、この申込金が無ければ、申し込んだという証明にはなりません。

Q : ホテルの指定はできますか?
A : 最近では、ホテル指定のコースよりも、ホテルのグレード(3つ星ホテルなど)のツアーが多いですが、基本的にホテルの指定は出来ません。傾向としては、利用予定ホテルの前に書かれているホテルとなることが多くなっています。

Q : 飛行機の座席の指定はできますか?
A : 特別な記載が無い限り、座席の指定は基本的に出来なく、窓側や通路側の希望のみとなるケースが多いです。
特別な座席(幼児用ゆりかご、車椅子用)の場合は、詳細な情報を旅行会社にお伝え下さい。幼児用ゆりかご(バシネット)の手配には、年齢、身長、体重が必要となります。

Q : 利用航空会社の便の確定はいつですか?
A : 利用航空会社の確定は、出発の7日前前後となることがあります。確定は最終日程表に記載があり送られてきます。早くても3週間前程度のようです。

Q : 予約した内容や、日程表と違う場合は?
A : よくあるケースとして、ホテルのお部屋が予約内容と異なる場合があります。この場合は、ホテルに直接伝えるか、現地係員と相談されることをお勧めします。何か異なっている場合には、その場ですぐにお伝えすることで解決できる場合があります。

Q : オプショナルツアーの申込先は?
A : オプショナルツアーの申込は大きく二つに分かれます。
日本で申込 : 現地で出来ない、予定を確実にしたいなどの理由から、ツアーや航空券を申し込んでいる旅行会社や、オプショナルツアー専門予約サイトなどから申込できます。デメリットとしては、場合によっては値段が高くなってしまうことですが、最近は現地の価格そのままという予約サイトもあります。
現地で申込 :  ツアーの場合は現地の係員など、その他旅行者向け観光案内所、ホテルツアーカウンターなどで申込可能です。デメリットとしては満員、催行無しなどと言ったことがあります。

Q : オプショナルツアーのキャンセル料は?
A : オプショナルツアーのキャンセル料は、概ね7~4日前まではかからないケースが多いです。渡航先や現地催行会社、オプショナルツアーの内容によって異なります。

Q : オプショナルツアーのリコンファーム(予約の再確認)は必要ですか?
A : オプショナルツアーのリコンファームは必要な場合があります。現地催行会社、オプショナルツアーの内容によりますが、必要な場合は現地旅行会社にリコンファームすることになります。リコンファームの際には、集合場所・時間、特別な持ち物、注意事項などの連絡があります。

 
関連ページ