ワーキングホリデーの基本と準備

ワーキングホリデー(通称ワーホリ、以下、ワーホリと略します。)は、現在イギリス、オーストラリア、カナダ、韓国、ニュージーランド、ドイツ、フラン ス、アイルランド、デンマークの9カ国(シンガポールのみ就労目的で可能。)に就労しながら、1年間滞在が可能というビザ・プログラムのことを言います。 あくまで、就労は、現地滞在費用を補うといった位置づけになります。また、ワーホリビザは、延長が出来なく、また生涯に一国に一回となっています。その他 の制限などは国によって異なり、以下のようになります。

国名
年齢
年間
発給
ビザ数
就労・就学
備考
イギリス/日本ワーキングホリデー協会 18

25歳
400人 滞在の50%超える期間や、週25時間以上の就労、専門的な職業に就くことができ ない。滞在の大部分を就学に充てることもできない。 ユース・エクスチェンジ・スキームと呼ばれ、申請には、パスポート、往復航空券 (或いはそれを購入する金額を持ち)など、申請資格を有している場合に、所定の記入された葉書を送付後、審査。審査には、東京での面接も含まれる。
オーストラリア/
オーストラリア
大使館
18

30歳
制限あり 同一雇用主下での3ヶ月を超えて働くことができない。就学も3ヶ月以内に限られ る。 申請はウェブサイトでのみ受付。申請には、パスポート、クレジットカードが必要。 通常、2~7日で取得可能。ビザの申請料165A$が必要。
カナダ/在日カナダ大使館 18

30歳
5000人 6ヶ月以内であれば、就学可能。6ヶ月以上の就学には、カナダ国内で就学許可証を 申請する必要がある。就労に条件はない。 申請書は、出発準備が整い、3ヶ月前に受け付ける。出発の大幅な変動は、認められ ないことがある。
韓国/韓国大使館 18

30歳
1000人 同一雇用主下で3ヶ月以上働くことが出来ない。 申請には、申請書、パスポート、写真、旅行日程、活動計画書、往復航空券のコ ピー、最終学歴の卒業証明書、2000US$以上あるいは、25万円以上の残高証明書が必要。
ニュージーランド/
ニュージーランド
大使館
18

30歳
制限無し 同一雇用主下での3ヶ月を超えて働くことができない。就学も3ヶ月以内に限られ る。 申請用紙が必要なく、パスポートと必要書類を本人が、大使館に直接手続きする。 書類不備が無ければ、3~4週間で取得可能。
ドイツ/ドイツ連邦
共和国大使館
18

30歳
制限無し 仕事が出来るのは、合計90日まで。就学に制限は無い。 静岡、長野、富山あるいは、同県以東居住の場合は、大使館、それ以外は、大阪総領 事館に申請。最低2000ユーロ以上の預金残高証明書、申請書、写真、パスポート、往復航空券(またはその予約確認書)、が必要。また保険の加入が必要。
フランス/フランス大使館 18

30歳
400人 就労・就学に関する制限はない。仕事に就く場合は、所在県にある労働管理局で一時 的な労働許可を受ける必要がある。 静岡、長野、富山あるいは、同県以東居住の場合は、大使館、それ以外は、大阪総領 事館に申請。2500ユーロ以上の所持金の証明書や、健康診断書が必要。毎年11月頃に翌年分の募集要項が発表になる。申請時に、フランス語、日本語、英 語で動機についての論文が必要。
アイルランド/アイルランド大使館 18

25歳
(条件により30歳)
400人 全日制の英語学校への通学が可能。1週間39時間までのフルタイム就労が認められている。 申請時に日本に在住していることを条件とし、現地滞在及び帰国便チケット購入費が十分にあるとして50万円以上の英文残 高証明書が必要。2007年は、計4回の申請受付。全日制の学校に在籍、常勤で就労していた場合、最大30歳まで年齢の条件を引き上げることが出来る。
デンマークデンマーク外務省 18

30歳
なし 不明 2007年10月より開始した休暇を目的として1年間滞在可能。日本円相当30万 円(デンマーククローネ15,000)。
シンガポールシンガポール人材開発局 17

30歳
250人 業種・職種の制限や最低給与要件による受け入れ限定は無い(一部除く)。 2007年12月より開始。大学の在籍・卒業者のみ参加可能。6ヶ月までの滞在が認められるが、他の国と異なり、ワーク ホリデーという名称で勉強目的と言う名目が含まれていない。※厳密にはワーキングホリデーではありません。

そのほかにワーホリについては、大まかに以下のようになります。

・居住スタイルについて
渡航国、都市が決まれば、いくつかの方法で、住む方法があります。アパートなどを借りる、一軒家やマンションを他人とシェアする、ホームステイなど が考えられます。オーストラリア、ニュージーランド、カナダではシェアは、一般的な手段で、現地人と住むことも簡単です。シェアメイトを探す一般的な方法 として、インターネット、無料のタウン雑誌や新聞、大学や学校などの掲示板や日本の旅行会社や留学会社の掲示板を利用する手段などがあります。

・就労について
国によって制限はあるものの、3ヶ月はどの国でも就労が出来ます。職種としては、日本食レストラン、土産物店の 店員、ツアーガイドなど、日本語を使えることを条件とする仕事が多いと言えます。現地人と同じレベルの仕事となると、それなりの語学力や技術力と、行動力 が求められます。探す方法として、インターネット、現地の日本語新聞やフリー雑誌、現地の新聞、大学や学校などの掲示板や日本の旅行会社や留学会社の掲示 板を利用する方法があります。

 
関連ページ