海外旅行傷害保険 対策

ある保険会社の方に聞いたことがあるのですが、空港での出発前の保険加入者というのは、すごく多いそうです。空港に着くと保険に入りたくなる心境っていう のは、無いですよね?恐らく空港で入れるから、空港で入るのが手っ取り早いと思いがちなのだと思います。

ですが、事前に保険に入るメリットは二つあります。

一つは、事前加入の場合、自宅や会社から空港までの移動も保険適用期間に含まれるのです。空港加入の場合は、空港 からです。それでも日数は変わらないので、値段は同じです。
もう一つは、単純に事前に比較することも出来るので、今や保険は比較検討して選ぶものですから、空港でさほど考え ずに、入ってしまうのは、ちょっと勿体無い気がします。

ここで、簡単な保険を安く済ます方法を紹介します。

通常海外旅行保険の場合は、パッケージプランといった、たいていの事故、被害等を補償するものですが、バラがけといった、一つ一つの保険料を選ぶ方法が あります。
海外旅行保険の場合、高額になるのは、死亡障害と携行品(荷物)にかける額です。死亡障害はバラが けであっても削ることは出来ませんが、携行品なら、人によっては不必要でしょう。これを削ることで、期間によっては、千円以上の違いが あります。

その他にクレジットカード付帯保険の不足分を補うプランもエース損害保険にあります。
これは、クレジットカード付帯保険の補償金額などが一般的に高くないという点を補う保険です。これにより不足分を必要なだけ追加でき便利です。 ⇒エース損害保険・海外留学保険

また、最近では常識となってきましたが、海外での保険なしでの通院、入院、手術と言った医療制度を利用した場合は、非常に高額の請求がありますので、加 入をお勧めします。

ヨーロッパ 4,5日以上の入院 ・・・ 300万円以上~1000万を越えるケースも。
アメリカ  4日以上の入院 ・・・ 500万円以上

アジア、その他の地域もそれに近い額負担する必要があります。

 
関連ページ